歴史の神秘 ツタンカーメンの不思議

MY FRIENDS LINKS
弁護士法人アヴァンセ 債務整理・相続・離婚・・弁護士を目指す知人がまとめた某大手弁護士事務所のサイト。幅広い分野の取り扱い、個性の強い代表の存在には注目か。

bツタンカーメン(紀元前1361年~紀元前1352年)はエジプト第18王朝のファラオだ。アクナトンの息子で、出生時の名前はトゥトアンクアテン(アテンの生ける姿という意味)。そして、即位後2年でツタンカーメン(アムン伸の生ける姿という意味)で改称した。

ツタンカーメンの墓は1922年に初めて発見された。その以前にはツタンカーメンに対する詳しい話は伝えられなかった。アビドーズ王目録、カルナック超目録などではアクナトンのようにツタンカーメンが除外されている。また、それに対する資料も残っていることが殆どない。

ソルレブの碑文によれば、ツタンカーメンの父はアクエンアテンだ。だが、ツタンカーメンが生まれた時アクエンアテンはすでに死んで、アクナトン政権の時代であった。

考古学者などはkv55号のミイラ(ツタンカーメンのミイラの近くにあったミイラ)がアクナトンだということを明らかにし、ツタンカーメンの父であると確認した。

2010年、考古学者などはアメノテプ二世の墓で発見されたネフェルティティと推定されるミイラがツタンカーメンの母のミイラであるということを明らかにし、彼女がアクナトンの妹であることから見て、ツタンカーメンの母さんはネベタフ王女またはペケタテン公王女である確率がとても高い。

ツタンカーメンの一生

cアマルナで王子として生きていたツタンカーメンは、お父さんアクナトンと叔父であるスメンクカレが死んだ後、10才の幼い年齢でファラオの席につく。行政官と将軍ホレメブがこの年幼いファラオを補佐した。また、すでに出産経験がある姉であるアンケセンパアテンと結婚することになる。

在位2年間にこれまでの信仰を撤廃しようとする動きが公式化された。この時にツタンカーメンは改名ををして、アーメン信仰の復活がなされた。これを記念するために大きい石碑が立てられたが、ここにはアーメン信仰の復活と神殿の再建と開放に対して記録されている。

また、カルナックとルクソールでも各種建設事業が進行された。 後日ホレメブがファラオになった時、これを全部自身の敵に回したが、これはすでにこの時からホレメブなどが政治に深々と関与していることをうかがうことが出来る。

以後の治世に対しては正確な記録はないが、何回の海外遠征に関する記録が残っている。ツタンカーメンの墓には王の狩猟、戦争の姿が含まれている。砂漠でライオンなどを狩猟したりもして、ヌビアとシリアの敵を矢で攻撃したりもする。

後日ホレメブの墓でも、このような図が実際の事実だったと明らかになった。 しかしツタンカーメン本人が直接遠征を導かなかったものと見られる。 ツタンカーメンは近親相姦の婚姻によって生まれた子供で、ゴール疾患と先天性内班族があって歩くのがとても大変で、言語障害を持ったともする。 結局在位9年目に18才の若い年齢で死亡した。